投稿日時: 2017-05-23 13:14:13
結核やマラリア、エボラ出血熱など多くの抗生物質が効かなくなった耐性菌のまん延が国際社会の脅威となっており、アジア感染症会議が3月3・4日に那覇市で開かれました。 世界保健機関(WHO)はすでに国際社会が優先して研究開発に取り組むべき薬剤耐性菌のリスト(重大:腸内細菌科細菌など)を公表しており、治療の選択肢が急速に狭まっていると警鐘を鳴らしています。抗菌剤を開発してもすぐに耐性菌が出現するいたちごっこになっており、多くの製薬企業は収益が上がらず開発から手を引いているため、多剤耐性菌による死者が急増する悪循環が始まっています。 弊社ではオゾンによる新しい感染予防方法に注力しており、オゾン水による洗浄除菌・オゾンによる空間除菌の普及に取り組んでいます。オゾン殺菌機構(溶菌作用)は細菌の細胞壁を直接攻撃して分解するところにあり、オゾンは細胞壁を攻撃するときに細胞壁のより易反応性の官能基と反応して細胞内に侵入、酵素などを破壊していきます。繰り返し長期に使用しても耐性菌が発生しないのはこのためだと考えられています。 オゾンガス(大腸菌O-157:CT値60で99.99%死滅)とオゾン水(大腸菌O-157:0.96ppmで100%死滅)により医療施設や食品施設にオゾンガス薫蒸・オゾン水洗浄・手洗・うがいに使用、オゾンは自然分解により安全な酸素に戻るため成分の蓄積性がなく、感染予防と耐性防止策として、あらゆる衛生施設に実用化されています。

 投稿日時: 2017-02-09 13:13:40
毎年、世界で約20万人がノロウイルス感染で亡くなっているといわれ、日本でも今冬過去11年で2番目に患者数が多くなりました。国内のノロウイルスによる食中毒は2015年で481件(食中毒全体の40%)、患者数1万4876人(食中毒全体の65.5%)と、食中毒の最元凶となっています。
2013年厚生科学審議会「予防接種ワクチン分科会」で、開発優先度の高いワクチンにノロが選ばれて3年以上が経過しましたが、流行を抑えられない最大の理由が予防するワクチンがないことです。
ノロウイルスには30種類以上の遺伝子型がありインフルエンザウイルスより変化しやすいため、今後ワクチンが開発されても違うタイプの遺伝子型が流行して感染を防げない恐れもあります。インフルエンザなどウイルス全体の80%が外側に脂質性の膜/エンベロープを持っていますがノロウイルスにはなく、これを破壊する従来のアルコール (エタノール)も役に立ちません。
集団感染では感染者が使用した部屋やトイレの嘔吐排泄物などを取り除き、除菌洗浄かつその室内の空間除菌を行う場合、ノロウイルスに対し有効な除菌ガスとして、塩素ガスでは濃度の管理・小児や高齢者を含め、人への肌荒れ・発がん性・有害性・残留性で困難がありました。タムラテコ製オラくりん等のオゾンガス発生機を使用することで安全迅速に空間内の除菌を行うことができ、またエルくりんシリーズのオゾン水生成機は、安全で除菌性能に優れたオゾン水を水だけで作ることができます。さらに弊社オゾン(水・ガス)衛生管理システム「エルくりんDX」では、自覚症状がなくても潜伏するノロウイルスに対して、トイレ後・調理前のオゾン水手洗い(オゾン水:15秒で90%、30秒以内で99%以上不活化)、調理器具の洗浄、さらに夜間、食品施設・給食施設への空間燻蒸により、感染力の強いノロウイルスの予防用対策用として全国の衛生施設で導入頂いております。

 投稿日時: 2016-11-30 13:13:14
厚生労働省は2016年11月25日に例年より早いペースでインフルエンザ流行シーズン入りを発表しました。インフルエンザの流行が始まると一気にウイルスが蔓延してしまうため、除菌に敏感な子育て世代など早めの予防接種や手洗い・うがい、マスクなどの感染管理が必要となります。また21日現在、環境省は野鳥の監視体制をもっとも高い「対応レベル3」に引き上げています。今シーズンは野鳥から19例もの鳥インフルエンザウイルス検出され最高の警戒レベルが続いています。鳥インフルエンザの発生は、家畜や食用鳥にとっての危険性と、さらに、ウイルスが変異して「新型インフルエンザ」となり人間に流行する危険性があります。新型インフルエンザウイルスが出現すると、誰も免疫を持たないため症状が強く致死率が高い場合、世界的に大きな影響を及ぼすパンデミックとなります。これまでも度々出現しており、20世紀以降でも、スペインかぜ、アジアかぜ、香港かぜ、新型インフルエンザH1N1が記録されていますが、今最も警戒されているのはH5N1で、それ以外にもいくつかの亜型による鳥からヒトへの感染が分かっており、どの亜型が新型インフルエンザウイルスとなってもおかしくない状況にあります。※弊社オゾンガス効果(H1N1:CT値18で99.7%死滅、H5N1:CT値60で100%死滅)
季節性インフルエンザ・新型インフルエンザとも、感染者や患者の鼻水、咳やくしゃみによって飛び散る飛まつ(シブキ)に含まれていますが、弊社バクテクターO3のオゾンガスは、主な感染経路となる飛沫を含んだ空気を除菌して、鼻やノドの粘膜への飛まつ感染を防ぎ、また飛沫で汚染されたものも除菌しますので、触った手から目や鼻、口の粘膜に感染する接触感染も防ぎます。さらにエルくりんシリーズ・オゾン水で除菌洗浄を兼ね手洗い、汚染された手で目や鼻、口に触れないことで接触感染を避けることが出来ます。※弊社オゾン水(インフルエンザウイルス:CT値0.6~1、36~60秒で100%死滅)
またパンデミックの場合、状況によっては各事業所で欠勤者が増加して、物流の低下がおこり2週間分を目安に備蓄の必要がありますが、オゾンは空気が原料ですから設置してあれば、病院・事業所・各家庭でも、原料は電気のみで備蓄の心配はありません。感染症対策・危機管理対策として東京消防庁はじめ全国の消防本部が弊社オゾンシステムを導入しています。

 投稿日時: 2016-08-24 13:12:39
9月1日は防災の日。2011年に東日本大震災が起き、今年4月の熊本地震で多くの方が被災したことも記憶に新しく、内閣府では30年以内の首都直下地震の発生確率を70%としており、大災害はもはや他人事ではなくなっています。地震など災害時の避難所で、普段は薬局に勤める薬剤師に運営に関わってもらうための取り組みが始まっています。医師や看護師に比べ、災害時に薬剤師が活躍することはありませんでしたが、災害関連死を減らすのに役立つと期待されています。同じように、長期化する避難所運営にオゾン水や低濃度オゾンガスの活用により、衛生環境の改善と災害関連死の減少が期待できます。熊本地震の避難所でも食中毒が起きたり、泥で汚れた靴のまま避難所を出入りする人により衛生環境が悪化したりするトラブルがありましたが、1)オゾンガスは気体なので隅々まで除菌ができる 2)菌・ウィルス等の対象を選ばず、除菌・不活化ができる。薬剤の使い分けがいらない。 3)マスク・防護服・衣類などの再利用も可能 4)耐性菌を作らない 5)オゾンは空気に戻り、後処理の必要がなく環境負荷がない 6)オゾンの原料が空気なので、ランニングコストが低い 7)日常でも災害時でも活用できる 8)汚れたオゾンガスの発生体は、清掃や水洗いで何回でも繰り返し使用することができる。 等々のメリットがあり、弊社のエルくりん・バクテクターO3・オラくりんはBTシリーズとして東京消防庁はじめ全国の消防本部に導入されています。

 投稿日時: 2016-05-17 13:12:02
医療機関で処方されている抗生物質と、薬を使うほど抵抗力をもつ薬剤耐性菌との悪循環を断ち切るために、政府は4月に耐性菌の拡大を防ぐ対策強化を盛り込んだ行動計画をまとめました。それによると、抗生物質の使用量を2020年に2013年比3分の1を目標に掲げており、薬に頼りすぎない医師と患者双方の意識改革が求められています。耐性菌による死者は2013年70万人から、2050年には1000万人に増えるとの試算があり、一方では現在も新たな抗菌剤が開発されています。しかし細菌も新たな薬への耐性を獲得しており、年々耐性菌の出現率も高くなっています。耐性菌は、細菌と抗菌剤の接触によって生まれ増えて行きますが、人類の敵・耐性菌をこれ以上増やさないためには感染症を「起こさない・広げない」しっかりと予防することが大切になります。
現在一般的に使用されている殺菌剤は菌の細胞壁を通過し細胞内の酵素を破壊しますが、繰り返し使用して行くうちに新種の毒性の強い耐性菌を生じさせる可能性があります。オゾン殺菌機構(溶菌作用)は細菌の細胞壁を直接攻撃して分解してしまうところにあり、オゾンは細胞壁を攻撃するとき、細胞壁のより易反応性の官能基と反応して細胞内に侵入、酵素などを破壊していきます。繰り返し長期に使用しても耐性菌が発生しないのはこのためだと考えられています。オゾンガス(大腸菌:CT値60で99.99%死滅)とオゾン水(大腸菌:0.96ppmで100%死滅)は耐性菌を作らない殺菌方法で、食品施設や医療施設に弊社バクテクター・オラくりん・スペースくりんシリーズにてオゾンガスを毎日夜間自動薫蒸、さらにエルくりんシリーズにて、オゾン水を殺菌水・洗浄水・手洗い・うがいに使用(※オゾン水はオゾンガスの約10倍の除染洗浄効果があります。)菌の増殖を防ぎ、未来の世代へ耐性菌という負の財産を残さないためにも極めて有効な方法です。

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 11 »