投稿者 : manager 投稿日時: 2021-04-15 15:13:21 (80 ヒット)

 

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会(本部:東京都、会長:広瀬道明 東京ガス株式会社取締役 会長)様より、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)第1回STOP感染症大賞 最優秀賞」を受賞しました。

 

このアワードは、全国で展開されている次世代に向けたレジリエンス社会構築への取り組みを発掘・評価、表彰する制度として、2014 年 11 月に創設されました。

 

強靱 な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる 企業・団体を表彰されるものであり当社のBT-180Hが最優秀賞を受賞したことに大変名誉な賞をいただいたと全社員一同感動しております。


 

 


投稿者 : manager 投稿日時: 2020-09-24 08:32:26 (248 ヒット)

藤田医科大学の村田貴之教授(ウイルス・寄生虫学)は、手指消毒等に安全に使用できる低濃度のオゾン水による新型コロナウイルスの不活化を発表しました。これまで高濃度(10 mg/L)での有効性が報告されていますが、低い濃度での効果については明らかにされていませんでした。今回我々は低濃度(2.0 mg/L以下)のオゾン水がSARS-CoV-2に対して効果があるということを、世界に先駆けて実験的に明らかにしました。本研究は新型コロナウイルスへの感染対策としてオゾン水を使用していくための重要なエビデンスとなります。

大学によると、オゾン水は保存できないため、使うたびに作る必要があるが、水と装置があれば比較的簡単に生成でき、消毒用アルコールが不足した際の備えにもなるとのことです。パンデミックに際しアルコールの在庫が不足するような事態となっても、水と装置があればオゾン水は生成できるので、オゾン水生成装置は有事に対する備えにもなると考えられます。湯沢由紀夫病院長は「紫外線やオゾンガスなどと併せ、新たな消毒ツールがそろった。うまく活用していきたい」と話されました。


投稿者 : manager 投稿日時: 2020-08-26 16:45:15 (234 ヒット)

藤田医科大学の村田貴之教授らの研究グループが、人体に安全な低濃度オゾンガスで新型コロナウイルスを不活性化できる事実を世界で初めて発見しました。

この発見により、医療施設や公共交通機関など人が集まる場所でも常時、人体に許容される濃度でオゾン発生器(低濃度かつ適切な濃度管理が維持できる機器)による新型コロナウイルス感染防護のための使用が可能となります。藤田医科大学病院では既に導入済みのオゾン発生器を使用して、病院内の待合所や病室などでの感染リスクを低減させる取り組みを、9月初旬より開始いたします。

 


投稿者 : manager 投稿日時: 2020-05-15 20:23:33 (737 ヒット)

奈良県立医科大学などが5月15日、新型コロナウイルスが弊社オゾンシステムによって無害化することを世界で初めて確認したと発表しました。実験により、新型コロナウイルスに規定CT値のオゾンガスを約1時間噴霧した結果、最大で1万分の1にまで減少することが確認されました。オゾンガスはすでにノロウイルスや重症急性呼吸器症候群(SARS)に効果があることが確認されており、医療現場や救急車に弊社製品が導入されています。オゾンガスは生成に原材料がいらず残留毒性もないので現場にもメリットがあると、将来的に病棟や診察室での活用が期待できることが説明されました。


投稿者 : manager 投稿日時: 2020-05-14 12:35:15 (753 ヒット)

ウイルスの感染拡大が続くなか、5月14日 NHK朝の報道番組「おはよう日本」にて、タムラテコをご紹介いただきました。人手を掛けずにオゾンがウイルスを無害化できるため、全国の医療機関から注目されている BT-088M(医療用消毒器)などが紹介されました。新型コロナウイルスの影響により、弊社製品をお待ちいただいておりますお客様には重ねてお詫び申し上げます。


(1) 2 3 4 »