細菌性食中毒から、ウィルス性の食中毒へ移行

 投稿日時: 2017-11-10 16:12:13
梅雨や夏場が終わり、高温多湿を好むサルモネラ菌などの細菌性食中毒が落ち着き始めると、食中毒については一安心とお考えではないでしょうか?しかし、11~2月へ向けてノロなどウィルス性の食中毒が急増していきます。
細菌性の食中毒とウィルス性の食中毒が入れ替わるように急増する為、1年を通しての食中毒対策が必要となります。事実、H28の厚生労働省調べでは、1,139件の食中毒事件が報告されています。なお、食中毒被害者については20,252名に上ります。月別の報告数を見ても、季節によるばらつきはありません。
1月(101件)  2月(80件)  3月(112件)  4月(99件)
5月(83件)  6月(100件)  7月(91件)  8月(87件)
9月(83件)  10月(97件)  11月(91件)  12月(115件)
※厚生労働省 食中毒統計資料 平成28年 食中毒発生状況より抜粋
結果、季節に関係なく食中毒対策が必要となります。万が一にも食中毒が出た場合、「営業停止」「賠償金」「ブランド価値の低下」など経営を脅かすような深刻なペナルティが待っています。そうならない為にも、食中毒対策の強化をご検討ください。当社では、特許取得済みの食中毒対策、悪臭対策、カビ対策、害虫対策、感染予防対策の決定版であるオゾン殺菌装置を提案しております。多くの飲食店、食品加工工場への導入実績がございます。
代表製品
------------------------------
★オゾン(水・エアー)衛生管理システム
http://www.tokyoteco.com/teco/html/modules/ozone/ozone11.html
 ★オゾンエアー生成装置
http://www.tokyoteco.com/teco/html/modules/lineup/index.php?lid=36
 ------------------------------
上記製品以外にもクライアント様に対応した製品バリエーションをご用意しています。効果面、機能面、価格面でご満足いただけるご提案が可能です。ぜひこの機会にご相談ください。